事務局だより

【9月18日】平成30年度2次隊の小西隊員が知事を表敬訪問

 

 平成30年度2次隊の

  • 小西博子さん(野々市市出身・ガーナ)が

 出発を前に谷本知事を表敬訪問し、激励を受けた。

【派遣地概要】

 ガーナ共和国

  • 首都  アクラ
  • 活動地 イースタン州アクワティア郡
  • 公用語 英語 主要現地語:チェイ語
  • 人口  約2,812万人
  • 面積  約24万㎢(日本の約2/3)

  【派遣地概要】

  マラウイ共和国                            ボリビア多民族国

  • 首都   リロングウェ            • 首都   ラパス
  • 公用語  英語 主要現地語:チュワ語               • 公用語  スペイン語及びケチュア語
  • 人口   約1,809万人                                    • 人口   約1,082万人
  • 面積   11,8万㎢                                         • 面積   110万㎢(日本の約3倍)

【9月1日】北陸三県ブロック連絡会議開催

 

 JICA関係団体の北陸三県ブロック連絡会議(石川県主催)をJICA北陸センター会議室で開催し、JICA青年海外協力隊事務局長、JICA北陸センター所長、協力隊を育てる会等の関係者を交え、意見交換と懇談会が活発に行われた。

(参加者18名)

【8月23日】青年海外協力隊経験者の活動体験談開催

 

 JICA北陸センター主催の「青年海外協力隊経験者による活動体験談を聞く会」が同センター会議室で開催され、菊田楓さんがキルギス共和国における青少年活動を報告しました。

 また、キルギスは大変親日国であり”キルギス人と日本人はもともと兄弟であり、魚を食べた兄は日本人になり、肉を食べた弟はキルギス人になった”という民話があることが紹介された。

 

【8月10日】 帰国隊員(3名)が県観光戦略推進部長を表敬訪問

 

 青年海外協力隊として6月まで活動していた、

 酒井ひかりさん(ベナン)、沖野大樹さん(パプアニューギニア)、古川みくさん(ブラジル)の3名が山本観光戦略推進部長を訪問し、帰国報告をした。


【8月1日】越川国際協力機構副理事長と懇談

 

 国際協力機構(JICA)越川和彦副理事長が、世界に目を向けている県内の中小企業の海外展開を促進するため来県し、JICA北陸センター仁田所長ほか、石川県内の関係者とともに懇談した。

 

【7月21日】JICAボランティア全国説明会キャラバン実施

 

 JICAボランティア説明会が新しくなり、2018年度からは「JICAボランティア全国説明会キャラバン」として、

7月21日(土)石川県地場産業振興センター研修室にて、初めて石川県で実施しました。

青年海外協力隊とは

 青年海外協力隊は、青年の海外に向ける熱い思いに道を開こうと1965年(昭和40年)4月20日に、わが国政府の事業として発足しました。    詳細へ

 

お問合せは  

TEL 076-225-7002